子どものための養育費ナビ

しっかりと養育費の請求をしよう

しっかりと養育費の請求をしよう

子連れでの離婚は不安なことも多く、特に子どもを養育するためのお金についての心配は切実なものでしょう。

 

離婚によって今までの収入の半分になってしまうと、今までと変わらない子育てはできなくなり、子どもに我慢をさせるはめになります。

 

そういったことを避けるために、子育てになくてはならない養育費の請求の意思を必ず伝えましょう。

 

夫婦関係の解消は離婚の手続きを行うことで実現することができますが、子どもにとっての父親・母親であることを解消されることはありません。

 

なので、離婚後もどちらの親にも養育費の支払い義務は課せられるのです。

 

法律によって子どもが養育費を受け取り権利が設けられていますが、離婚の手続きが終了したというだけで支払いが勝手にされることはありません。

 

養育費の請求をするには、当事者同士で養育費の金額について相談しなければいけません。

 

話し合いを持つことで養育費の金額が問題なく決まれば理想的ですが、合致しないこともあるでしょう。

 

このような場合には家庭裁判所に調停の申し立てを行うことで、養育費の支払いを相手に要求することが可能です。

 

これ以外に、養育費は支払い期間が長期にわたることもあり、支払が途中で止まってしまうケースもありがちです。

 

離婚後はしっかりと払われていたのに、その後支払いが滞っているという場合に、放置しておいてはいけません。

 

支払いをして欲しいという意思を明記して、内容証明郵便を選択して請求をする対策をとりましょう。

 

普通郵便とは異なり、内容証明は正式なものとなります。

 

養育費の調停を申し込みを行なう際、支払いの申し入れをしていたという確固たる証拠として役立てることが可能です。

 

 


しっかりと養育費の請求をしよう記事一覧

養育費の計算方法

離婚することが決まった場合、2人で話し合って事前に決めておかなければならないことがあります。その一つとして、養育費が挙げられます。夫婦の離婚が災いして子どもが不利益を受けてしまうのは避けなくてはいけません。絶対的に子どもが受け取ることが可能な権利として、養育費は法律でも定められているものです。子ども...

≫続きを読む

 

支払い期間を明確にしておく

養育費として知られる費用は、子どもが健康的な生活を送れるように養うために必要なお金のことを指します。養育費の支払いの捉え方は生活扶助義務と呼ばれる義務ではなく、生活保持義務と設定されています。これは、経済的に余裕があるときに支払えば良しとするものではなく、金銭的な余裕の有無に関係なく必ず払わなければ...

≫続きを読む

 

法テラスに相談してみよう

離婚の際には、当事者同士でいくつかまとめていかなくてはいけない事柄が挙げられます。養育費、慰謝料、財産分与など離婚のときにお金のトラブルはどうしても付きまといます。でも、離婚をするという事は、お互いに考え方の違いがあるケースが多く、お互いが納得いく内容に決め事がまとまるとは限りません。相談することを...

≫続きを読む

 

公正証書を作成しよう

養育費については、子どもが独立するまでの長い間支払われることになる金銭なのです。長期間の支払いが災いして支払いが滞ることもしばしば見受けられ、養育費を滞納するケースも80%もあるというほど多いようです。大抵は、養育費はお互いが話し合って決めるので、口約束や双方の覚え書き程度の書面を作るだけで終わらせ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ