子どものための養育費ナビ

再婚した場合の養育費について

再婚した場合の養育費について

離婚の時に決めた養育費については、状況が変わることで金額が増額したり減額したりする場合も多いようです。

 

その一つに元夫、元妻が再婚するという変化があります。

 

父親の人が養育費を払っているなら、再婚で扶養するべき家族が増えて、これまで通りに支払い続けることが難しいということも起こります。

 

そのような時には、養育費の減額を相手に対し求めることが可能になっています。

 

それとは反対に、離婚をした後で養育費の支払いを受けていた元妻が再婚するというケースもあります。

 

その時には、子どもの養子縁組が再婚と同時に結ばれたかどうかが極めて重要となります。

 

再婚した時に養子縁組の手続きをしていないなら、扶養する義務は変更されません。

 

ですから、実父としての扶養する義務は消滅しないので、養育金額の免除・減額といった申し立ては簡単なことではありません。

 

養子縁組を行ない、新たな夫の戸籍に加入したときには、まず扶養すべき義務者は養父で、第二の扶養すべき義務者となるのが実父です。

 

養育すべき義務は養父になるので、相手に対して実父は養育費の減額や免除の申し立てをすることができます。

 

ただし、養父となった人が経済的に困窮しており、子どもを養育できる環境にないとなると、養育費用の減額・免除というのは難しくなると言えます。

 

仮に再婚した元妻が再度離婚するとなると、減額・免除になっていた養育費をまた離婚当初の金額で払うことになります。

 

ですから養育費というのは、離婚・再婚に関係なく、子どもが健やかに育てられていくことを銘記して支払うことが重要です。

 

 


再婚した場合の養育費について関連ページ

養育費の額は一定ではありません

ホーム RSS購読 サイトマップ